テクノロジーの進化によって実現される勤怠管理

社員や契約社員、嘱託、パート、アルバイト、会社の規模の大小にかかわらず、一つの会社の中でも色々な雇用形態の人がいます。
勤怠管理は元々はタイムカードなどで記録することが主流だったのですが、多様化する雇用形態や役職によって給与計算方法も変わることもあり、給与事務処理は膨大な量と時間がかかっていました。

T-SITEの優良サイトの情報を公開中です。

また、労働基準法遵守の観点からも時間外労働の把握は企業にも求められており、いかに効率的に勤怠管理をするかということが課題となっている会社も少なくありません。
テクノロジーの進化によって、ITを駆使した様々な勤怠管理システムが導入されています。



Web上でIDとパスワードが個別に与えられ、入力するようなものから、指紋認証や静脈認証などを利用したタイムカードに代わる仕組みがあります。
このような新しい形の勤怠管理のメリットは沢山あります。

まずWeb上で勤怠データを一元管理できれば自動的に計算をしてくれますので複雑な給与事務処理が効率化されることになります。
また、認証機能がついた勤怠管理を利用すると、本人でなければ出勤時、退勤時の認識ができませんので、他人が代わって勤務時間を記録することが実質不可能になりますので、各社員の正確な勤務時間の管理が可能になります。



さらに自動化することによって残業時間の管理もできるようになります。

各社員の残業が規定より超過しそうになったときにお知らせする機能をもったシステムも存在します。